サンタランドツリーとは

本物のツリーで過ごす、心豊かなクリスマス。
北海道から贈る、”Real Tree Style”。

家族や友人、そして恋人、大切な人と過ごすクリスマス。
そんなクリスマスに欠かせないのがツリーです。

ところで、あなたのうちのツリーは本物(Real Tree)ですか?作り物(Fake Tree)ですか?
日本で多くみられるプラスチック製のFake Treeに対し、クリスマスの本場である欧米では、Real Treeは価値あるものとして根強い人気があります。

北海道・十勝にある広尾町は、サンタの故郷ノルウェーより認証を受けた国内唯一のサンタランド。
「サンタランドツリー」は、そんな町からお届けする、十勝の恵まれた環境で育てられたReal Treeです。
本物のツリーならではの風合いは、クリスマスをより一層豊かなものにしてくれるでしょう。

道産材でひとつずつ手作りされた木鉢に入れてお届けします。
ご家庭やお店のディスプレイ用、贈答用・販促用に、本物のクリスマスツリーはいかがですか?


↑↑ご購入はこちらから↑↑

本物の生きたツリーを日本でも…。
“とかちサンタランドツリーの会”の願いです。

“とかちサンタランドツリーの会”は、欧米で一般的な生きたツリーを飾る習慣を日本でも広めようと、北海道十勝地方の豊かな自然のもと、数年かけクリスマス用に育てた苗木を、地元ブランドである「サンタランド」の名を冠し、本物の「木」ならではの良さをサンタクロースの「愛・平和・感謝・奉仕」の心とともに皆様にお届けします。

ツリーがセットされる地元産の気を使った木鉢やオーナメント類は、福祉施設などで一つ一つ手作りされるものです。このサンタランドツリーを通し、全国の皆さまに、本物の木の持つぬくもり、ツリーに込められた北海道の美しい自然と人の優しさを感じていただければ幸いです。

サンタランドのまち、北海道・広尾町。
まちづくりへの夢を込めて。

“サンタランド”としてノルウェー・オスロ市から日本では唯一認定されている広尾町は、北海道十勝の最南端に位置し、日高山脈と太平洋に囲まれた豊かな自然を生かした漁業と農林業を基幹産業とする人口約8,000人の街です。”広尾サンタランド”は、1984年の認定以来、本家ノルウェーのサンタランドの精神を尊重しながらも、長い時間をかけて「広尾町らしい魅力、夢、ロマンのある町」、「幼児から高齢者まで幅広い層が参加し、愛や優しさ、誇りや思い出が育つ町」を実現し、育てられていくことを目指しています。

広尾町と“とかちサンタランドツリーの会”では、これからも「サンタランド」をまちづくりのCI(コミュニティ・アイデンティティ=地域らしさ)の目標とし、町民はもとより多くの人々の参加を得て、まちづくりや地域の活性化へ着実につなげていきたいと考えています。