広がる地域おこしの輪

木鉢は無垢の間伐材を手間ひまかけて手作り

サンタランドツリーで使用されている木鉢は、地元で間伐された無垢材を使用しています。
森は間伐などの手入れをすることで、健全な成長をします。
サンタランドツリーは、森の間伐材を有効利用しているのです。

木鉢は広尾町にある、障害者地域活動支援センター”ゆうゆう舎”で、材の切断、組み立て、ヤスリがけ、焼き入れまで、ひとつひとつ時間と手間をかけて手作りされたものです。

松ぼっくりまでもが十勝産

松ぼっくりのオーナメントは、おなじく”ゆうゆう舎”のみなさんが十勝の山林から採取して来たもの。その後、ニス塗り、木材の型抜き、ヤスリ掛け、最後の袋詰めまで一貫して手作りされています。根気のいる作業ですが、とても丁寧に行ってくださっています。

これらは、地元産の素材をふんだんに活用し、地域おこしの意味からも地元の方々の 協力のもと生産性や効率を重視せず、手作りのぬくもりを感じられる制作を心掛けて います。